赤ちゃんを救え!

(*・ェ・*)ノ~☆コンバンハ! みぃこです♪

私はアルコール・アレルギーがあるので・・・飲める人が羨ましい!
注射の時のアルコール消毒でさえ、皮膚が赤く爛れるのだ(^^;

が、全くお酒を飲まない訳ではないし・・・ ヾ(・・; オイオイ!

でも、出産適齢期を大きく過ぎてるし、妊娠する可能性も皆無?
だからと言って、他人事じゃないよね?!

だってさ、家にだって娘は2人いる訳で・・・。

そもそも、男性と女性ではアルコールの分解に関しても
差があって、女性は男性よりも分解が遅いそうだ。

そして、何よりも怖いのが・・・FAS(胎児性アルコール症候群)

妊婦が飲酒する事によって、胎児に影響するというもの。
飲酒した母と同じアルコール濃度の血液が、胎盤を通して
母体にいる胎児に流れてしまうのだそうだ。

その結果、特徴的な顔で生まれてきたり、中枢神経系のトラブルで
発達障害や知能障害を起こすことがあるという。

それは、習慣的な飲酒のみならず、たった1回の飲酒でも
その障害が起こったケースが報告されているとか。

妊娠中だけでなく、出産後も、注意が必要だとか。
飲酒しているにも拘らず、母乳をあげるという
ふざけた?母親が少なくないそうだ。 (´ヘ`; ハァ

この場合、我が子を守ることが出来るのは、母だけである。
それも、100%守ることが出来るというのだから・・・。

    ≪参考に・・・ アルコール薬物問題全国市民協会
    ≪相談は・・・ 国立病院機構 久里浜アルコール症センター


=========================
この子が生まれた時、何でもさせてあげたいと思った。
現実の我が家は・・・赤字! 子供に諦めさせていた私。
そんなダメ母ちゃんだった私が出会ったホームページ。
  http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/go1/index.htm
今では、子供の笑顔と毎月パート収入2ヵ月分GET!!
=========================

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック